便座が冷たい

ある日、用を足そうと便座に座ると、あまりの冷たさに跳び上がりました。
節電設定などで便座の温度が低くなっていることはあるのですが、その冷たさとは比べ物になりません。心臓に悪い冷たさです。トイレに行くのが億劫になってしまいました。
インターネットで調べてみると、便座について何個かチェック項目がありました。
まずは、節電設定についてです。これが「入」になっていると冷たい時間帯があるようです。しかし、今回の冷たさはレベルが違うので当てはまりません。
次は、便座の設定温度についてです。これが「切」になっていると、当然ですが冷たいです。しかし、我がトイレは「切」にはなっていませんでした。
最後に、着座センサー窓についてです。これが汚れていると、設定上暖房機能がオフになるようです。その窓を掃除すると、暖房機能は再びオンになるようですが、そもそも我がトイレは定期的に掃除をしているため汚れてはいません。
結果、どのチェック項目も当てはまらず、原因が分からなかったので業者を呼びました。そして、便座を新品の物に交換することになってしまったのです。
チェック項目を確認することは大事ですが、確認しても解決しないことはあります。そういう時は潔く業者を呼びましょう。便座にも寿命はあるのです。