トイレの水が、止まらない!

夫が、飲食店を経営しています。
1人で切り盛りしている、こぢんまりしたお店です。
奥に、水洗トイレがひとつ。
設置されて、恐らく20年位は経過している、普通の洋式水洗トイレです。
団体のお客さまが入り、お店が混雑していた時のことです。
トイレの使用頻度が増えたため、洗面所のチェックをしに行ったところ、ジャージャーと、トイレの水音がしました。
トイレは、どうも使用中ではなさそうです。恐る恐るドアをあけて、除いてみました。
トイレの水を流すレバーが、戻っておらず、すごい勢いで、水が流れていました。
あわてて、レバーを下に戻して様子をみていると、タンクに水が貯まって、ようやく止まりました。
いつから、流れていたのか考えると、ぞっとしました。水道代のことを考えて。
すぐに水漏れ24時で業者を探し来てもらいました。
団体が、帰ったあと、タンクを開けてみてもらうと、どうも、レバーと、タンクの中の貯まった水の栓をつなぐチェーンが、うまくつながっておらず、勢いよくレバーを引くと、チェーンが外れた状態になって、栓が閉まらず、水が流れっぱなしになっていたようです。
大工さんは、器用に割りばしを使って、チェーンをくるくる巻き付け、長さを調節してくれました。
それからは、トラブルは起きていませんが、あくまでも応急処置なので、定期的な見回りが欠かせません。
早く、専門業者の方に、みてもらわねば。

ある日突然足もとが水浸しになりました

台所の掃除をしている時でした。シンクの中をスポンジと洗剤でこすって洗い流す作業を終え、ふと足元をみると足が水でびっしょり濡れているんです。

驚いて、シンク下の排水溝や配水管の辺りをよく見てみると、シンクの排水溝の辺りから水がドーッと流れていました。試しに水を出してみたところ、やはり水がしたたり落ちてきました。

ベトベトして雑菌だらけの排水溝を掃除した水を、靴下やパンツが吸ってしまっていて本当に気分が悪かったです。シンク台の下の棚のような所の水をきれいにふき取り、乾燥させるために扇風機を向けました。

すぐに管理会社に連絡し、数時間後には来てくれるように約束を取りつけました。業者が来るまで、キッチンを片づけたいのですが、油汚れのひどいフライパンなどの処理に困りました。

シャワー室に行って、そこで洗い物をしました。同じ水のはずなのにお風呂場で洗い物をするなんて、なんだか変な気持ちでした。業者が来て、ライトを当ててみると、経年の劣化により小さな穴が空いていました。シンクの掃除をする時は排水溝近くの部分はゴシゴシ擦らないように言われました。